COUNTER

475181~since Feb.4 2015

勤務時間外の電話対応について(お知らせ)

 道立学校では、学校における働き方改革の取組の一環として、勤務時間外の留守番電話対応の取組を実施しております。
 本校におきましても別紙のとおり実施してまいりますので、御理解と御協力をお願いいたします。

20.06.29_【HP用】勤務時間外の電話対応について.pdf
 

リンク

ホームページをご覧の皆様へ~北海道岩内高等学校長 佐藤渉

 令和2年度で本校勤務3年目となりました、校長の佐藤 渉(さとう わたる)です。本校は今年度で101年目を迎えるという歴史と伝統のある高等学校です。そのような学校に勤務できることを光栄に思うとともに、地域の期待を感じ、地域に信頼される学校づくりを推進することへの重責を感じています。

 報道等でご存じだと思いますが、近年は教育改革がかつてないほどのスピードで進んでいます。新学習指導要領においては生徒の主体的で協働的な学習が必要であると述べられています。本校においても地域の魅力を認識させ、地域の発展のために担い手を育てると共に、生徒の学力向上と自己実現を果たすために職員一体となって取り組んでおりますが、この目標は、地域・保護者・関係機関との連携なしでは達成することは困難だと思われますので、今後とも本校の教育活動についての御理解と御支援をいただきますようお願い申し上げます。

 

 本校の特色ある教育活動は、ホームページで随時情報提供して参りますので、岩内高校の理解を深めていただくための一助にしていただれば幸いです。 


 

校長日誌

校長より >> 記事詳細

2019/08/21

令和元年度 夏季休業明け集会校長式辞

| by 岩内HP担当

 夏季休業も終わりましたが、充実した夏季休業を過ごせたでしょうか?ここ数日間ニュースを見てると、茨城でのあおり運転の事故が報道されていて、見るたびに嫌な思いをしています。また今朝のニュースにおいて倶知安町でもあおり運転によるトラブルがあったと報道されていました。あのニュースを見ると50年近く前のスピルバーグ監督による「激突」という映画を思い出します。内容は主人公が何気なくトレーラーを追い抜いたところ運転手の怒りを買って、あおり運転をされ続け恐怖を感じるというもので、トレーラーの運転手の顔が一切映されず、腕のみが映るというところに逆に恐怖心を感じるという内容でした。今更ながらスピルバーグ監督の才能を感じます。みなさんの多くがこれから運転免許を取得して車の運転をすることになると思いますが、日本国内での制限速度は基本的に高速道路における100km/hですが、現在の車はアクセルを踏み込めばその制限速度以上が軽く出てしまうという状況にあります。それで多分「自分は凄い」と勘違いしてしまうのでしょうね。凄いのは車であって自分ではないのです。また、人間は想定外の事が起きると怒りの感情を覚えたりします。そういう時に車や、ICT機器などの高性能なモノを使用していると負の感情に任せてしまって、誤った使い方をしてしまうのではないでしょうか?いかにその負の感情をコントロールできるかが大切だと思います。また、将来被害者とならないためにも怪しいモノには近づかないということも必要ですね。危険を察知する能力も必要だと思います。

夏季休業も終わりましたが、まだまだ暑い日々が続きます。3年生はいよいよ進路活動が本格的に始まりますし、2年生は見学旅行、学校全体では強歩遠足などの行事などもありますので、体調管理に努め、充実した学校生活を送ることを期待します。


令和元
年8月20()
 北海道岩内高等学校長 佐藤 渉

15:06